読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トニー・ブザンの購入ならココのお店 2017年度

−具体的でわかりやすいので!大人にとっても入門書として十分通用する本です。マインドマップを子供に教えようとしたのですが、上手く説明できないと、子供にとっては余計な労力を使うだけで身に付かない...となっては困るのでこの本を購入。親も子供も楽しめる本ですね。

こちらになります!

2017年03月30日 ランキング上位商品↑

トニー・ブザン勉強が楽しくなるノート術 [ トニー・ブザン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

はじめ、この本の落書きのような自由奔放なノート(マインドマップ)を見て、許せない気がしました。大人の助言も必要でしょうが小学生高学年位からなら子供だけでも理解できそうです。息子にマインドマップを、と思い購入しました。とてもカラフルで要点がよくまとまっています。近々ビジネス向けも購入したいと思っています。カラーなので、大人も見ていて楽しい気分になります。昔買った!トニー・ブザン著の「ザ・マインドマップ」が少々難しかったので!復習の意味も込めて買いました。でも!これを大学ノートに書くとなると…やっぱり自分の頭は古いのかもしれません。高齢者向けの脳を働かせる様々な本も出ていますが!自分で考えながら!例えばある時代の歴史をノートにまとめたりすると更に頭の体操となると思いました。一番分かりやすいとの評判でこちらを購入しました。小学生の子供と一緒に学べるのが良いです。うちの子は!まだ1年生なのでよく分かってないのですが!大人でも十分勉強になる本です。マインドマップは自分で書いてこそ意味があるという基本を認識できる入門書で!その点では大人にも勧められます。小さなお子さんがいる方とか一緒に実践しながらやると楽しく勉強できそうですよ(^^)ノ以前,別のマインドマップに関する本で挫折したのですが,今回再挑戦のつもりで購入しました.「for kids」というのがちょっと恥ずかしいですが,わかりやすいです.大人向けの本で挫折した方,一度読んで,実践してはいかがでしょう.大人でも!覚えたい事を図にして整理して記憶にとどめられる方法がこの本でよく分かります。しかし!記憶という点で考えてみると確かに理にかなっているし!構造化されていて!更に色分けされていて!記憶をたどるのがたやすいのだと気づきました。マスターすれば小・中・高・大学とずっと使える手法なので期待したいです。マインドマップを知ってから!入門書を探していました。ノートはびっしりと埋めて、自分なりに工夫して分かりやすく書いたつもりでいましたが、よくよく考えてみると、書いたことに満足していただけかもしれません。ネット上でマインドマップの実例はたくさん見られますが!基本的に人が書いたマインドマップはその人が活用するためのもので!他人から見るとめまいがするだけのものが多いです。−実は、子供向けにと言いながら、私もこの本でマインドマップを改めて復習しました。以前!主人が娘にマインドマップの描き方を教えてくれましたが!鉛筆1本で仕事で使うときのように描いていたので!いまいち娘には魅力が伝わらなかったようです。なるほどと思いやってみると確かによい物です。子供向けの内容ですが!ビジネスでも十分に応用できると感じました。いつもになく設問にもスムーズに答えられて!内容が理解できたことが見て取れました。字も大きめでカラフルなページが多く読みやすいです!基本は子供向けなので!あっさり読み終わってしまいますが!マインドマップの難しい本がいっぱいでてるのを読むより!全然楽しく理解する事ができます。レビューもよかったし、購入してみました。マインドマップの公式本を見ながら色々練習してみたのですが子供用ということで!この本を見ながら練習した方が自分には納得できることが多かったです。−内容は小学生低学年でも十分理解できるくらい解りやすいので、あとは実践のみ、って感じです。何より面白がってやっていたことがすごいと思います。その点、この本はわかりやすい例ばかりなので、目がくらくらすることもありません(笑)子供用にと思って購入しましたが、実際に見てみると親の自分が使うことが多いです。娘は1人でこの本を読みながらマインドマップを描いていたので、対象年齢はあまり気にしなくていいのではないでしょうか。とても分かりやすいし!仕事だけでなく子供にも使えそうなので良かったです。自分の学生時代を思い返してみて!楽しく勉強したなんて事はなかったです。楽しみながら簡単な絵も入れてノートを取れば記憶倍増します。。中身は非常に解りやすく!また各教科別に説明があり子供も興味がわいたようでした。今後は読書などにも利用させてみたいと思います。子供の読解力!考える力を伸ばしたい!と思って方法をさがしていたところこの本に出会いました。楽しいです。まだ低学年ですが!ちょっと書き方を教えたところ自発的に自分なりに教科書をまとめて書いていました。今回はマインドマップの魅力を伝えたいと思い!テキストとして購入しました。